山口県へふくを食べに

Pocket

あけましておめでとうございます。

新年最初のブログですが、2019年最後の出来事です(笑)

年末に旅行しよう、というのは、私の中にある勝手な恒例行事です(笑)
ここ数年はご依頼が無くなってしまいましたが、お正月にパフォーマンスの予定が入ることがあったため、年始は出掛けられなかったからです。

宵待ちの宿 萩一輪 夕食

今回は河豚を食べにいきましょう、ということで、行き先は山口県。
お世話になったのは、萩一輪というお宿でした。

とらふぐの唐揚げ

行く時はどこへ寄ることもなく、ひたすら車を走らせました。
あいにく雨のお天気でしたが、ほとんど車中だったので気になりませんでした。

五穀米入り茶碗蒸し

旅行の目的は皆さんそれぞれだと思いますが、私はアレコレと欲張る方ではありません。
この旅でいうなれば、河豚が食べられたら目的達成(笑)

ところが、あわびが……

あわび

美味しかったーーーーー!!!

私、貝類全般、あまり好きじゃないんです。

あさり、しじみ、さざえ、牡蠣。
何を出してもらってもテンションが上がりません。

どころか、魚介大好きテルやんさんにあげたほうが美味しく食べてもらえていいじゃない。私がたべるのもったいない、と思ってるくらいです。

そのワタクシが、美味しくぺろり。
新鮮なあわび、おそるべし。

炊き込みご飯ふぐ

すっかりあわびに心奪われてしまいましたが(笑)引き続き、炊き込みご飯もふぐ、お味噌汁もフグ。

ふぐ赤出汁

ふぐ、フグ、河豚ϵ( ‘Θ’ )϶

黒毛和牛石焼プレート

でも、私の好きなお肉もドーン!とね。
一人3枚。大満足!

りんごゼリー・洋梨・プリン

締めのデザートも手作りプリンということで、上品な味でした。

楽天トラベルからお任せで予約したんですが、運良く海が見える側でお部屋を取ってもらえてて、眺めも最高!

お庭

これはロビーから出られるお庭で撮影したものですが、これが上からの角度で見れる景色、ということです。
日本海側で宿泊したのは初めてで、翌朝めちゃくちゃ風が強くて波が立ちまくってたので、やっぱり違うんだなぁなんて思ったりして。

お香

別室にはマッサージチェア、美顔器、ヘアアイロンなどが使えるセルフエステのお部屋もあったりして、温泉だけじゃなく女性が嬉しいお宿だったんですが、お部屋にはお香がありました。
しかも、着火はマッチ。
何十年ぶりに触ったか、と興奮してしまいましたが(笑)ちゃんと火がつけれてよかった。

宵待ちの宿 萩一輪 朝食

朝はご飯とお味噌汁がセルフサービスになってましたが、ふぐの出汁がきいたお味噌汁が美味しくて美味しくて、お汁だけ3杯も飲んでしまいました(笑)
出汁だけ売ってくれないかしら。

角島大橋の道

帰りは慌てないから、何時になってもいいから、と、角島大橋というところへ行きました。

ここ、3年ほど前に訪れた沖縄でも似たような場所があったんですが、海の上を車で走るんです。

海

運転手の私は全く左右を見ることはできませんが、想像していたより遥かに綺麗な海でビックリ。

角島大橋

晴れててもすごく寒かったので、ちょっとしか滞在しませんでしたが、展望台から写真を撮っておきました。
この道を走ったんです。

速度制限は40km/hなので、ゆっくり走れます。
ただ、強風の時は通行止めになります。当たり前に。

真ん中あたりに退避できる場所があり、2、3台車が停められそうでした。
私たちも一旦停止させてもらいましたが、何人か写真撮るために降りてたみたい。

訪れる際は、周りの車に十分に注意しましょう。

ソフトクリーム

一時は私の血液はアイスクリームでできてる、などと豪語し(笑)1日1アイスを実行していたワタクシ。
SAのご当地ソフトクリームが欠かせません。

山口県の中でも松下村塾のある萩市に泊まったので、吉田松陰の石像が立っている前で食べた夏みかんソフト。
ちなみに夏みかんは、明治維新後に、士族の生活の糧とするために栽培が盛んになったそうです。

町中たくさん木が生えていて、実がなってるのを見つけては、欲しいと呟いておりました(笑)

右側のソフトクリームは吉備SAで食べたのはマスカット・オブ・アレキサンドリアのミックスソフト。
そしてもう一つ、写真は載せてませんが、宮島SAで蜂蜜レモンソフトを食べました。

広島のソフトクリーム、制覇したい♪

吉備SA

吉備SAでソフトクリームを食べたのは行きの途中でしたが、帰りに立ち寄ったときにはこんな電飾が。
結構遅い時間だったので、誰もいない状態で撮影することができました。

美味しいもの、いい景色。
2019年を締めくくるのに、贅沢すぎる旅行でした。

2020年の年末も、何処かへ行けますように。