タコとフグが有名です

Pocket

すっかり海とイルカに魅了されたワタシたち。
土曜日は、日間賀島へ遊びに行ってきました。

日間賀島

名古屋に住んでた時、一度だけ訪れたことがあるんです。

旦那さんは初めて。

今までも何度か行きたいと言いつつ、なんの下調べもしたことはなかったんです。
初めて日間賀島の観光サイト見て、イルカに触れるイベントがある、ってなったら行動が早かった(笑)

グアムで見たような野生の子ではありませんが、実物に直に触れるって大興奮✨

電話で予約した際、事前に受付をしてくださいと言われていたので、島について最初に向かったのはイルカプログラムの小屋。
道が混んでたら遅れるかも、と思って14時の回でお願いしてたんですが、あっさり10時くらいに着いたため、

『11時30分の回も空いてますよ』

と言われて変更。

イルカプログラム
(写真は服を着たまま参加できるプログラム。同じイルカが浅瀬に来てくれました。)

実はすでにお腹が空いてたんですが、イルカに触ってる間は忘れてました🤣

飼育員さんのいうことしっかり聞いて、私たちの目の前を泳いでくれたんです。
何度も背中に触ったし、目の前で口をぱかーっと開けて餌食べるところも見たし。

鼻で息するのも、間近で見れました。

可愛かった😍

30分2,500円。

最初の説明や、ジャンプも含めて25分。

ちょっと、話長いのと、ジャンプはここで見なくてもいいのになぁ…という残念感はありましたが…まぁ、触れたからいいかな(と言いつつ不満(笑))。

主に背中に触らせてもらえるんですが、ツルツル美肌✨
お腹はちょっと柔らか、三重アゴ(笑)のとこはシワシワ、背ビレ・胸ビレは固かった。

目の前をスーッと泳ぎ抜ける時に触る、という感じなんですが、わあぁぁって感激しすぎて、あんまり感触覚えてない😅

また来年も行こう。

更衣室なんかは無かったんですが、さすがにそのまま歩き回るわけにいかないので、近くの日帰り入浴オッケーなところへ向かいました。

が、実は水着のままでの入館はNGだった…

こっそり入ってしまったけど、きっと気づかぬふりしてくれた受付のお兄さん、ごめんなさい。

時間的なものだと思いますが、他のお客さんいなくて、露天風呂もあったし、とても気持ちのいいお風呂でした!

お腹が空いていたから、というだけでなく、旦那さんが気が気でなかった乙姫というお店。
2人とも好きな『孤独のグルメ』というドラマで紹介されていた、お食事処なんです。

実はイルカとのふれあいの説明を受けていた11:30が開店時間で、外まで人が溢れるくらい並んでいるのを目の当たりにしてるんです。

海から上がった時もまだたくさんの人がいて、お風呂入りに行く時も

『うわ、めっちゃ並んでる〜』

って。

営業時間は14:30まで。
間に合うかな、売り切れたらどうしようかな、と、何度も言ってました(笑)

イルカの予約時間を変えようと言ったのは私だったので、若干の罪悪感を感じ、

『お風呂10分で入るから‼︎』

って言ったんですけどね。
リンスインシャンプーしか無かったから髪の毛を洗うのは断念しつつも、結局30分入った…

けど、ココで、強運の持ち主のワタクシ(笑)

さっきまでめちゃくちゃ混んでたのに、お店入ったらすんなり座れて拍子抜け。

『お昼の時間、過ぎたからかな』

なんて言っては見たものの、12:30を少し回ったくらい。

お昼真っ最中じゃん!

案の定、5分後くらいにはまた待ちがかかってて、実はラッキーなタイミングだったようです。

乙姫のたこぶつ定食

残念ながら孤独のグルメで出て来たメニューはありませんでしたが、私はたこぶつ定食、テルやんさんはかき揚げ定食を注文。

乙姫のかき揚げ

なーーーんでこんな美味しいの⁈って感激してました。

日間賀島はタコとフグが名物ですが、時期的にフグはありません。
お店の中はフグの置物がたくさん飾ってあったんです。

コレは絶対、冬も行かなくては‼︎って思いました。

乙姫のつまようじ

つまようじ、可愛い💕

食後は満腹のお腹をこなすため、徒歩で移動。

レンタサイクルを借りるつもりもあったんですけどね。
1時間500円という値段と、一周しても大した距離じゃ無かったので歩くことに。

しらすソフト、という看板に惹かれて予定コースを外れてみましたが、ソフトクリームじゃなくてソフトアイスだったことに不満タラタラ。

しらすソフト

しかも、バニラとしらすはやっぱり別々が美味しいでしょ、という感想でして(−_−;)

まずくはないんだけどね。
美味しく味わう方法はコレじゃない、って感じ。

途中、ハイジのブランコ、と観光案内サイトに書いてあったブランコで遊んだときは、ちょっとだけ雨がパラパラ。

ハイジのブランコ

高所恐怖症なのであんまり高く漕ぎませんでしたが、思いっきり前に行けば、海の上を飛んでる気分が味わえそうでした。

まだ海で遊ぶには早い時期だからか、もしかして混んでるかな?と思いましたが、大学生くらいのグループ1組待ってすぐ乗れたんです。

夏休みとかだと、子どもたちが並ぶかも。

さらに海沿いをずーーーっと歩いて、東港へ。

またまた孤独のグルメに出てきたレストランを探しましたが、どうやら移転リニューアルをしたようで、様子が変わってました…残念。

その代わり、というのもなんですが、お店を探していたとき、1組の親子がとあるお店のおばちゃんと話していたところに遭遇しました。

で、おばちゃん特製・タコ飯おにぎりもらっちゃった

その親子さん、別に親戚でも何でもなく、何度も日間賀島を訪れているうちにおばちゃんと仲良くなったみたい。

お子さんが水槽持ってて、中にはたくさんのちっちゃいカニ。

『こんなのよう触る? 私、挟まれそうで怖いわ〜』

とおばちゃんに話しかけられたのがきっかけで、テルやんさんがしばらく男の子とカニと遊んでました。

私も無理です。

生き物大好きテルやんさんは、むしろ楽しそうに次々男の子が出してくるカニを掴んでは、

『泡出してるー。かわいいな』

とか言ってました。

そしたら、突然おばちゃんに

『あなたたちにもコレ、あげるわ』

タコ飯おにぎり

といって、おにぎりくれたんです。

結局お店で何も買わなかったし、店頭で見知らぬ男の子と遊んだだけ(て言うか、私は何もしてない(笑))なのに、地元の方が手作りした地元食材をいただけるなど…

神さまありがとう💖

運がいいって言うか、良いことありすぎてびっくりです。

フェリーには東港からも乗れたんですが、西港のおみやげ屋さんで買うものを決めてたので、そのまま歩き続けました。

タコの形?になってる駐在所も見ましたよ。
ホントに、タコ推しなんですね。

到着から帰りのフェリーへの乗船まで、約5時間。

海でもっと遊ぶなら、1日たっぷり過ごせる日間賀島。

今度は冬に、フグ目指して来たいと思います。