特別な日の、特別なごはん

Pocket

昨日のブログでは書ききれませんでしたが、夜ご飯はテルやんさんがお誕生日ディナーを作ってくれました。

テルやんさんのごはん

私の母はとてもマメな人で、誕生日には必ず、リクエストしたご飯を作ってくれてました。

といっても、あれこれ食べたいと思いつけるようなグルメな人ではないので、いつも決まってチャーハンとコーンクリームスープ。

あとはバースデーケーキがあれば十分だったんです。

もち麦リゾット

今は、何もリクエストをしなくても、私の大好きな料理を作ってくれる旦那さんがいてくれます。

ダイエットしてる私に気を遣って、お米の代わりにもち麦を使ったクリームリゾット。
大好きなエビも入ってます。

こんなの、リクエストとして思いつきもしない💦けど、めちゃくちゃ大好きな味でした。

肉

お肉大好きなので、ちゃんと用意してくれてあって。
どんなものが使ってあるのか想像もつかないけど、すっごい美味しい味付けでした!

家でこんなの食べられるなんて、贅沢〜💖

今年は新型コロナウイルス騒動のおかげで、すっかり自分の誕生日が来ることを忘れてたんです。

今はプレゼントも何も買えないから、また改めて、と言われて、そういえば5月だったーなんて調子で。

少し前に髪の毛を切ったので髪留めが欲しい、と思ったんですが、家から比較的行きやすいお店は自粛・自粛で100均すら開いてません。

昨日のケーキとこの食事で十分だから、プレゼントなんて要らないんですけどね。

早く、安いアクセサリーくらい簡単に買えた日常が戻ってきて欲しいものです。

そもそも、私の誕生日は、約束を破られることが多くありました。

テルやんさんには何度も何度も話してるのに、また話してしまったから

『墓の中まで持っていきそうですね』

と笑われてしまったんですが、それだけ大きな出来事なんです。

だってね、誰も5月2日当日に祝ってくれなんて言ってないし、なんだったら相手の都合に合わせて日付を設定したんですよ。
私の誕生日なのに、自分でお店の予約までして。

それで、前日に、

『行けなくなった。ごめんなさい』

って言われたとかね。

他にも、ここには書きづらいことがいくつかあって、誕生日は必ずしもいい日ではありませんでした。

それが、テルやんさんと出会ってからは、毎年きっちり当日にお祝いしてくれる日になったんです。
名古屋と大阪で離れて住んでいた時でさえ、サプライズで家に来てくれたりもしました。

子どもの頃、母がそうしてくれていたように、特別な日に特別なごはんが食べられる日になりました。

本当に、ありがたいなと思っています。