夢の国10周年とZED

Pocket

東京ディズニーシー
ディズニーシーが好きなんです(笑)

キャラクターに全く興味がなくて、ディズニーランドには行きたいと思わないんですが、シーは別。
ビールが飲めるだけのことあって、ちょっと大人向けなんでしょうか。

まぁ、ビールは飲まないんですけど😁

東京ディズニーシー

今回メインの目的は、シルク・ドゥ・ソレイユの常設ステージ“ZED”。
いつか観に行きたいと思いながら、いつでも行けるからいいやと思っていた劇場です。

そのZEDは、12月31日、幕を閉じます。

ZED

ディズニーシーに一緒に行ってくれる人が見つかった瞬間に、このチャンスを逃してなるかと食いつきました。
その存在は知ってたのに観れずに終わる、なんてことは絶対に避けたかったですから。

結果、観に行って良かったです。
間に合って、良かった。

行きたい、と思った瞬間に行かなきゃ、次なんて無いって思わなきゃって反省しました。

稚拙な感想ではありますが、ホントにホントに観れて良かった‼の一言に尽きます。
始終興奮して、最後まで騒ぎながら観てました。

ZED

シルクのショーではお馴染み、出演者に贈る花の販売がロビーであります。

昨年のコルテオでは迷っているうちに売り切れてしまって買えなかったのですが、今回は無事GET♪
ステージの真ん前まで行って、空中ブランコの男性に贈らせていただきました。

握手を求めてくださって、さっきまでパフォーマンスをしていた、温かい、とても大きな手に感激✨
そして、円形のステージの淵に沿って走る出演者の方々が、私の差し出した手にタッチしながら走り抜けてくれたんです。

少し前までアートの一部だったパフォーマーさんが、生身の人間だった、と当たり前の感動。

涙が出そうでした。

今日の気持ちを、少しでも自分のパフォーマンスに反映させられたらいいな。