初めて作ったバルーンアート

Pocket

本日は、3歳児さんまでを預かっている保育園のお楽しみ会でパフォーマンスでした。

保育園・幼稚園共に、小学校に上がる手前までの子を預かるものだと思ってたので、少し驚き。
でも、こういった施設、増えてきてるらしいですね。

今日は園に通うお子さんだけでなく、地域の方も来ていただける日だったそうで、何名かの親御さんにもお楽しみいただけました。

園長先生が

『子供たちの集中力を考慮して、いつも何かするときは15分くらい。30分持つかな~って心配してましたが、みんなずっと目で追いかけて観てて驚いた。さすがですね』

とお褒めくださいました💖

私は保育を学んでないし、育児の経験もありません。
だから、何が正解か、何が子どもさんの気持ちを引き付けるのかは分からないんですけどね。

もしかしたら、一生懸命やってるのが伝わるのかな?(笑)

まだまだ小さなお子さんたちに、“みずきがパフォーマンスをしていた”ことは記憶に残らなくても、パフォーマンスと言うものが楽しい、という想いが残るといいな。

にじいろ風船師みずきのバルーンアートのお姫様

写真はパフォーマンス以外に何か飾るものを、とお願いされて作ったもの。
特に指定がなかったので、最近作るのが楽しいお人形さんにしました。

飾れる形状として作ったのは初めてだったんですが、皆様からかわいい!とご好評いただきましたよ!

手渡して持って帰れるものや、パフォーマンスで使うものくらいしか作ってこなかった私。
装飾、というほど大掛かりな物じゃないけど、飾って観賞用として楽しんでもらうものは初めて作りました。

不慣れすぎて時間かかったけど、前日の夜に頑張ってよかった‼

みんなにかわいがってもらえますように。