バルーンアートで結婚祝い

Pocket

結婚式のウェルカムボードとバルーンアート

なんだか今年に入ってから調子づいておりまして、イイコト三昧です。

そんなイイコトの一つがこれ。
1か月ほど前のことなのですが、生まれて初めてバルーンアート制作のご注文をいただきました💖

私がUSTREAM配信中に試作していたのを見て、ぜひ結婚式のお祝いに作ってほしいとのご依頼です。

結婚式

(Yさんご夫妻、お写真のご提供、ありがとうございました✨)

ドレスの色合いが、とっても素敵😍
かっこよく着こなしてらっしゃるなぁ。

なにしろ初めてのことだったので、どんな感じがいいですか?とか、どういうのにしましょう?なんて聞いてはみたものの、

『お任せします‼』

って言われて頭真っ白。

配信動画観て注文してくれたから、そこから派生させたらいいんだろうなぁとは思ったんですが、私の好き勝手作っていいものなのかどうか。

ウェルカムボードと一緒に飾ってくれるって言ってたけど、どんな大きさ?どうやって飾るの??

ある程度経験したことがあれば応用もできるんでしょうが、何もかもが初めてのことですからね。
とりあえずやってみるしかなくて。

今の自分が作れるものを、より可愛く出来るように、サイズ調整もしながら試行錯誤。
これだったら喜んでもらえるかな、と自分が納得できるものを完成させました。

バルーンアートの受け渡し方法

作ったはいいけど、どうやって渡すんだ?!という次なる課題は、直接配達という方法を選択しました。

お届けするまでに割れても直せるように、材料は持って行きましたが、そのあとのことが心配で心配で💦
風船屋さんって、どう対処してるんですかね??

持っていくまでは保護としてビニール袋に入れてましたが、大きな袋がなくなると困るからって裸で手渡し。
なんだか、何もかも不慣れすぎてごめんなさい…。

とにかく割れませんように、って祈るしかできませんでしたが、無事に届いて良かった。
今後もしギフトを請け負うことになったら、考えなきゃいけないことが盛りだくさんです。

ご依頼主様は結婚式に出席されたM様でした。
間に入って写真掲載許可をいただいたり、写真データを送って頂いたりと、本当に色々お世話になりました。
なかなか機会が無いとスキルアップも出来ませんので、本当に良いチャンスをもらえたと感謝、感謝なのでございます。

バルーンパフォーマーとしての活動をメインにしたい、という気持ちに変わりはありません。
でも、チャンスがあるなら、バルーンアートにまつわるいろんなお仕事に挑戦していきたいです。