“魔法しはるの?”

Pocket

宣材写真を撮りに

昨日、プロフィール写真を撮りに、スタジオミルクさんへ行ってまいりました。

というのも、今まで使っていた写真が3年も前に撮影したものなので、いい加減変えないとなぁとずっと思ってたんです。
とっても素敵な写真を撮っていただいたので、紹介させてくださいね。

バルーンパフォーマーみずき

8月2日に訪れた滋賀の現場で、パフォーマンスを待ちきれない様子の小さな女の子が、仕込みのバルーンアートに興味津々。

「始まる前から見ちゃうと楽しめないから、あとでね~」

と離れるように促すと

『魔法しはるの?』

と聞いてくれたのです。

その独特のイントネーションとなまりがかわいくて、忘れられなくて💕

で、昨日、ヘアメイクを担当してくださったMさんに、思わず言っちゃったんです。

「魔法しはるの⁉」

ワタクシ、女子にあるまじきですが、メイクとか苦手なんですよ~~~💦

だから、どんどん見慣れない顔になっていく鏡の中の私に感動。
自分では絶対再現できないメイクと髪型を見て、魔法にかかった気分でした。

メイクを担当してくださった方にもカメラマンさんにも言って頂いたんですが、私、ちょっと驚くくらい肌がキレイらしいのです(笑)
敏感肌なのであんまり新しい化粧品に手が出せず、いつも同じもので同じように手入れしてるだけなんですね。

かなり面倒くさがりな方なので、やり方も適当だし。

おそらく毎日いろんな人の肌を間近に見てる方々だと思うので、言ってもらったときは舞い上がってました😆

『ファンデーションいらないと思います』

って言われたのにはえっ😮ってなったんですけどね…
メイク=ファンデーション塗る、じゃないんですか???←良く意味が分かってない

スタジオミルクさんではメイクアップ講座もやってらっしゃるそうなので、今度行ってみようと思います。

この角度がいいよね

バルーンパフォーマーみずき

カメラマンさんが割ったら大変!とバルーンアートを慎重に扱ってくださりながら、右・左・手前・後ろと構図を悩みまくった一枚。

収めたいモノが増えると、しっくりくる構図を見つけ出すのに苦労するんですね。

『頭でイメージしてたのと全然違った‼』

と驚く私に

『とりあえず撮ってみないと分からないですね』

とカメラマンさん。

撮影ってどんな感じで進んでいくのか全然分からず、不安もあったんですが、和気あいあいと進めたのが楽しかったぁ。
撮ったらすぐ確認させてくれて、あれこれ話し合いながら進行してくれたのも、安心感を生み出してくれた要素の一つでした。

緊張したままだったら、顔ひきつっちゃいますもんね(笑)

今日は洋装バージョンのご紹介でした。
引き続き明日にでも、和装バージョンの写真を掲載しようと思います。